マーフィー100の成功法則

眠りながら「難問」を解決していた!

潜在意識は意識する心の知らないことを夢の中で示してくれること
があって、それが学問上の発見につながることがある。

 

アメリカのすぐれた動物学者アガシズ教授の体験を、
彼の未亡人の手になる伝記から紹介しましょう。

 

「石板に魚の化石の痕跡がついているのが発見されましたが、
それはやや不鮮明であったので、それを解くため、彼が半月も
努力したことがありました。

 

すつかり疲れ果てて、彼はとうとうその仕事をやめ、
それを頭から忘れようとしましたその後間もないある晩のこと、
彼は寝ている間に、例の魚のわからなかった個所がすつかり
復元されているのを見たと確信して目を覚ましました。

 

しかし目が覚めている時は、それがどうしてもよく思い出せませんでした。
次の夜もまた彼は例の魚の夢を見ました。そして、目が覚めると
前の晩と同様、あまりよく思い出せないのでした。

 

「しかし、同じ経験がまた繰り返されるかもしれないと思って、
三日目の晩には、彼は就寝前に鉛筆と紙をベッドの側に置いて
眠りました。

 

すると朝がた、その魚が彼の夢の中に現われたのです。
最初は不鮮明でしたが、しまいには非常にはっきりとなったので、
その魚の動物学的特徴について何の疑いもないほどになりました。

 

真っ暗闇の中で半分眠りながら、彼はベッドの側の紙の上にその特徴をス
ケツチしておきました」「朝になり彼はそれを見て驚きました。

 

そこには例の化石が示せるはずのない特徴がいくつか
描いてあるではありませんか。彼はすぐにその石板の置いてある
所に急いで行きました。

 

そして例のスケッチをたよりに、石の表面をうまくのみでけずり取っていきますと、
そこに例の魚の部分が隠されていたことがわかりました。

 

それが完全に現われたところを見ると、自分の夢を描いた
スケッチの絵とそつくりでした。それから簡単にその化石の魚の
分類に成功しました。

 

このように潜在意識は、意識する目に見えないものまで見えるのです。